(俺)流ネットを使った稼ぎ方〜ネットでバイト・カジノで稼ぐ〜

オンラインカジノ検証

はじめに
ここでは、(俺)が稼げると思えるゲームだけを扱い、研究していることが書いてあります。

みなさんもこれを参考にすれば少なくとも、大負けすることはなくなるはずです。

すこしでもリスクを減らすために、始めに最悪のケースをかいておきます。

最悪のケースを考える事で自分なりに対処することができるのでこれを頭に置き参考にして下さい。

■video poker classic編

 ●ルーレット検証 ●ロータリーゲーム検証

ルーレット倍がけ)検証
ルーレットでもっとも効果的だと思うのが、倍、倍にかけていく方法です。

(1)まず初めにルーレットの確立約二倍(赤か黒にかけるものなど)、これに2$かけます。

(2)勝ったらまた2$、負けたらその倍の4$かけます。

(3)また負けた場合はその倍の8$かけます。 勝った場合はまた2$から始めます。

これを繰り返します。

この方法ガなぜいいのか説明しますのでとりあえず表を見て下さい
回数 1 2 3 4 6 7 8 9 10
勝ち続けた時に賭ける額 2$ 2$ 2$ 2$ 2$ 2$ 2$ 2$ 2$ 2$
負け続けた時にかける額 2$ 4$ 8$ 16$ 32$ 64$ 128$ 256$ 512$ 1024$
勝った時貰える額 4$ 8$ 16$ 32$ 64$ 128$ 256$ 512$ 1024$ 2048$
今までかけた合計額 2$ 6$ 14$ 30$ 62$ 126$ 254$ 510$ 1022$ 2046$
負け続ける確立 1/2 1/4 1/8 1/16 1/32 1/64 1/128 1/256 1/512 1/1024
上の表を参考に説明していきます。

回数1で勝った時は、倍率が二倍なので、(貰った額4$)−(今まで賭けた合計額2$)=収益2$になります。

回数2で勝った時は、賭ける額が4$なので、(貰った額8$)−(今まで賭けた合計額6$)=収益2$になります。

回数3で勝った時は、賭ける額が8$なので、(貰った額16$)−(今まで賭けた合計額14$)=収益2$になります。

もうお気づきの方もいると思いますが、回数1〜10のうちどこかで勝てば必ず2$ずつのプラス収益に変わります。

(貰える額)−(今まで賭けた合計額)=収益
となるからです。

最悪のケースで約50%の確立なのに10回連続で負けた場合負け額は、今まで賭けた合計額の2046$になるわけです。

最悪のケースになる10回連続で負ける確率は

1/1024
とゆうことになります。

もし100$が元手だとしたら負け続けることができる回数は5までとなり、確立は、1/32となります。

この最悪のケースを基準に自分の元手金額を考えるわけです。

(俺)は今300$を元手にしているので最悪のケースを考え、

負ける事のできる回数は7、確立は1/128とゆうことになります。

しかしもう一つ、0、00とゆう数字にルーレットが止まった場合、

(俺)のこの方法だと負けになります。

ですので、確立は1/128よりももっと高くなるわけです。

これを念頭におき、かける必要があります。

このように負ける確立は以外にも低いわけですが、

その分勝ちも小さいのでコツコツとできない人にはとても危険な方法といえます。
ロータリーゲームのケノ検証
このゲームは愚かなギャンブラーしかやらないゲームらしいです。。

けど(俺)おもしろいと思う。(愚かなギャンブラー)

このゲームにおいて最悪の展開ははっきりいってないです。

なぜなら五セントから遊ぶ事ができるため、無茶がけしないかぎり大負けする事はありません

上のルーレットのように倍にかける必要がないため、リスクはとても少ないゲームな気がします。

あえて挙げるなら一回も的中しないことでしょう。

このロータリーゲーム系のケノとゆうゲームがあるのですが、

これは、1〜80の数字を当てるゲームです。選べる数は1〜10個で、選ぶ数はいくつでもオッケーです。

まずいい所と悪い所を書いてみましょう。

いい所は10個全部選んだとしてもセント単位でかけれる為非常にお得である。

悪い所は、その安さ故、当たる確立がものすごい低い気がすることです。

このゲームは選んだ数字の個数によって、払い戻しに必要な数字的中の個数が変わってくるのです。

1個だけ選んだら、1個的中すれば3$支払われます。ここでは(俺)のやる選ぶ数6個で説明します。

(選ぶ数6個の場合)
的中数 払い戻し
3 3
4 4
5 70
6 1600

このように的中した数により払い出しが大きく変わります。で、なぜ(俺)は6個を選ぶのか、なぜ十個選ばないのか、

それは十個選ぶと、最低的中数が5個になるからです。ようするに五個当たらないとお金がもらえないのです。

五個的中する事は結構まれですし、もし10個選んで五個的中しても5$しかもらえないのです。

どうせ10個選んでも5個当たる確立は低いので、五個当たった時に配当の大きい6個が一番妥当だと思います。

後6個的中もする可能性が高いので、その時の配当の大きい6個にするべきでしょう。

6個えらんだ場合は10個よりも6個的中する確立は下がりますが、プレイファン(無料ゲーム)で

(俺)は今までで五個は
4回的中しているので、今度は有料で挑戦してみようと思います。

七個や8個などを選んでも配当数がぐんと減り、しかも(俺)は7個なんて的中したことがないので、

やはり6個を基準に考えるのが妥当な気がします。

(俺)流ネットを使った稼ぎ方〜ネットでバイト・カジノで稼ぐ〜

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO