(俺)流ネットを使った稼ぎ方〜ネットでバイト・カジノで稼ぐ

オンラインカジノって?

なんや、あやしいひびきやな〜
(俺)の第一印象です。

もうこんなん怪しいったらありゃしない!!だってそうでしょ?パソコンでやるんですよ?あやしいに決まってる!!

ここでは(俺)のオンラインカジノを信頼していった過程を書いて行きます!

(1)カジノの語源 (2)知られているカジノの原型・そして現在 (3)ラスベガスの歴史  (4)オンラインカジノ? 
(5)政府の認可を受ける (6)ペイアウト率の審査・公開  (7)日本の法的適応   (8)しかしカジノはカジノ

カジノの語源
カジノの語源はイタリア語のcasaから来ています。

casaとゆうのは小さな家とゆう意味で、casal(保養地にある小さな家)とゆう名が、集会所、会議室、娯楽室などと変わり

今のカジノに変わったと言われています。

ここからは(俺)の考えなんですが、casa(小さな家)とゆう言葉が語源なのだとすると、

そこで知られざる今のカジノの原型になることが行われていたのかもしれませんね。
知られているカジノの原型、そして現在
カジノの原型といえるのはルイ15世の時代から来ている所からが主流のようです。

この時代には主に二種類の階級制度みたいなものがあり、

貴族などの特急階級向けのカジノ庶民向けの賭博場的カジノとゆうのがあったそうです。

そのうちの貴族向けのカジノが今の原型とも言える物だそうです。

それが、現在のヨーロッパにつながるカジノの基礎になったようです。

今現在、カジノでの有名どころを挙げるとどこだと思いますか?

みなさん口をそろえるようにラスベガス!ですよねきっと。

しかし、アメリカのカジノは、より客を多く集めるため、ホテル自体にカジノを設置したり、

規模自体、ようするにカジノの土地自体が大きくアミューズメントパーク的な面を徹底して経営しているようです。

その一方、ヨーロッパのカジノとゆうのは、規模自体が小さいものが多く、金持ちしかできないような格式があるようです。

入場料をとったり、入会費、年会費などだけでも莫大にかかるようです。(円にすると年で億を超える!!)

しかもアメリカのカジノは比較的ラフな格好でも入場できるのに対し、ヨーロッパのカジノは、

スーツを着て品格のある人でないと入場が許されない所が主だそうです。 

このようにアメリカ、欧州にはカジノ自体の文化の違いも顕著に現れているといえるでしょう。 
ラスベガスの歴史
ラスベガスは昔はなかった!!あたりまえですが。。

しかしその歴史に触れることによってカジノの偏見さえも揺るがす事が秘められています。

1829年にメキシコ商人のラファエル・リベラとゆう人物がモハベ砂漠でオアシスを発見しました。

その発見によりロサンゼルスの中堅地点として、重要な位置を示すようになりました。

それから鉄道時代の到来などで、投資物資の調達基地としてなどの発展をとげ、

1911年にラスベガス市として制定されました。

もともと誰がおごる?みたいなことをコインなどで決める習慣があったようで、アメリカの人間はそうゆうカジノ的気質を持っていたようです。

その後の、世界恐慌からの逆境にも負けないこのカジノを、ネバタ州が推薦してカジノは合法化されました。

しかしラスベガス唯一だったカジノも、

他の都市でもカジノおっけーとゆうことになってしまい、さまざまな策を練る必要が出てきました。

無料のショー、マジック、食べ物、アミューズメントパーク。

などをはじめた結果、エンターテイメント性が濃くなったのもこのことがきっかけだと言えます。

そのような経緯からカジノの情報網からのセキリティが改善されたため、イカサマをするとゆうのは、

そのまま、カジノ戦争の激しいラスベガスでは消える運命になってしまいます。

危険を犯すより、サービスの強化やコンテンツの充実に時間をかけないとラスベガスでは生き残れないのです。

(1)カジノの語源   (2)知られているカジノの原型・そして現在 (3)ラスベガスの歴史  (4)オンラインカジノ? (5)政府の認可を受ける 
(6)ペイアウト率の審査・公開  (7)日本の法的適応   (8)しかしカジノはカジノ

オンラインカジノ?
さあついにオンラインカジノについて書きます。

オンラインカジノとゆうのはようするにラスベガスをインターネット上でやるとゆうことです。

ラスベガスまで行くのはえらい時間かかるし、飛行機代やらなんやらかかってよーいかんわ。

とゆー人のために作られたシステムです。

このオンラインカジノが登場しだしたのは、1995年頃だと言われており、

その当時はルーレットとブラックジャックしかなく、不正な請求や不正な操作(当たらんようにする)などがされていたようです。

そんなことしたら普及しないはずだ!となんで思わなかったのか、

そのせいで(俺)達は怪しむハメになっているというのに!

しかーしそれから十年近く経ち、ようやく普及し始めたようです。

それには様々な経緯があったようです。
政府の認可を受ける
1995年当時の詐欺まがいの、とゆうか詐欺のオンラインカジノが知れ渡った事で政府がある対策を練りました。

「オンラインカジノを経営したいんだったら、俺らの許可を得んとぶっ殺すぞこのやろー」

と。

ようするに政府がライセンス制度とゆうものを作りその審査に通らないと経営しちゃいけないよ。

とゆうものを作りました。

詐欺撲滅運動をしたわけです。

この効果は絶大でしょう。なんたって政府ですから。

だって今現在インターネットはものすごいスピードで進化しているわけでしょ?

ようするに今現在日本で残っているオンラインカジノは、

政府の認可をちゃんと受けて、その上信頼され、ちゃんとした実績があるから残っているわけです。
ペイアウト率の審査・公開
ペイアウト率とゆうのは儲けが出た時にお金に代える換金率、または払い戻し率のことです。

これを第三者の審査機関が審査・公開することによって、そのカジノの換金率が公けになります。

(俺)は初め理解に苦しみましたが、

スロットを打ちに行った時の事を思い出しました。

スロットは等価や七枚交換などがありますよね。

等価で2000枚出たとします。

「うおー!よっしゃー等価だから四万円じゃー換金じゃー」

と喜んでる(俺)がいます。

しかし代えて見ると三万しかありません。

「ここは等価だろ!!四万じゃんか!」

「いえ!昨日から変わりました」

「ボコ!ボコ!」(俺)が店員を殴る音)

この店は等価とゆう「換金率」が公けになっています。

しかしこれを破ったとゆうことは、これはもちろん犯罪になります&店の信用まるつぶれ=倒産です。

このようにペイアウト率(換金率)を審査・公開することはセキリティはもちろん、店の信用を得る上でとても役にたっています。
日本の法的適応
今現在日本は公的に行われる(町とかで)カジノは法律(賭博罪)で禁止されています。

このまえもテレビでカジノを経営している人が捕まっているニュースをやっていましたが、

それは実際に土地に店をかまえてやっているので法律に引っかかっているわけです。

オンラインカジノは店舗がなく、今まで判例がなかったので、この日本の法律を、つまり賭博罪を適用する事ができません。

賭博罪に該当するのかしないのか分からないとゆうあいまいな状態のようです。

他に賭博罪の適応で、カジノ経営者側、お金をかける側の両方を立件とゆうものがあります。

つまり両方を捕まえないと賭博罪として扱う事ができないのが現状です。

しかし上でも述べたように、外国政府の認可、審査などを通っているので、日本の法律は適応されません。

もしこれから賭博罪が改善されるとなると、

外国政府との論争に発展する場合や、オンラインカジノ側との論争つまり裁判を起こす必要もでてくるかもしれません。

外国政府とのオンラインカジノについての論争とゆうのはおおげさかもしれませんが、

もしそうなってもどっちにしろ負ける可能性が大きいのは日本でしょう。

両方の立件ができないと犯罪にならないとゆうこの法律を、

片方の立件で大丈夫といった改善は,

どう考えてもおかしく、そうなるとカジノだけではなく普通の共犯犯罪までもあいまいになってしまう可能性がでてきます。

このように、今の現状からはなんとも言えないあいまいな状態です。

ですから今は安心して遊ぶ事ができます。改善されたらすっぱりあきらめよう!
しかしカジノはカジノ
まさにその通りです。オンラインだからどうのこうのいっても所詮はギャンブルです。

(俺)みたいにのめり込みすぎるとかなり危険なのは100%確実です。

とくに(俺)はのめり込むとたちが悪いので、(俺)なりに限度を決めています。

一ヶ月に一度100ドル分だけチップを購入してそれがなくなったらもうやめます。

かける額は2ドルからにしています。

この二つを守ればかなり安定してプラスに持っていくことができます。

これでもやりたりない場合は無料でも遊べる所がほとんどなので、無料で修行しています。

これから先トップページで(俺)が実際やっているオンラインカジノや具体的な方法(遊ぶまでの方法)、コツについて、紹介しているので、

参考にしてみて下さい!(注、これにはつけくわえることがあって、最近月に一度100$じゃすまなくなっちゃってます。。やばい。。)

(俺)流ネットを使った稼ぎ方〜ネットでバイト・カジノで儲ぐ〜

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO